青函トンネル

Sponsored Link

青函トンネルを作ったトンネルマン達

青函トンネル

青函トンネルは、本州の青森県東津軽郡今別町浜名と北海道上磯郡知内町湯の里を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道トンネルです。

 

青函トンネルの着工が始まった当時は、天気予報の正確性があまりなく、津軽海峡の海の模様を把握することは困難でした。
海の事故が絶えない津軽海峡に青函トンネルを渡すことは人々の夢でした。

 

青函トンネルの掘削が行われた地域は冬の体感温度がマイナス20度にもなる過酷な土地です。
掘削作業は3交代制で休みなく続けられました。
その作業導入者数は1400万人ともいわれ、これは東京都の人口をうわまわる数です。

 

24年間の建設工事の末、北海道と鹿児島は鉄道でつながりました。
しかし、青函トンネルの建設では34人の殉職者が出ています。

 

青函トンネル建設は日本の最大インフレ事業の1つです。
過酷な環境の中、海底トンネルというリスクの高い作業場で、人々の夢をつなげるため、多くの人が工事に携わったことを忘れてはいけないですね。


Sponsored Link