青函トンネル

Sponsored Link

青函トンネルの異常出水

青函トンネル

青函トンネル記念館では、青函トンネルの工事中に発見された水脈から湧き出た水で抽出したコーヒーの販売がされています。

 

自然の恵みを掘り当てたようで、とても贅沢な一品のような雰囲気が漂っていますが、トンネル掘削中に、水が出てくる「出水事故」は工事でもっとも恐れられる事故の1つでもあります。
青函トンネルは海底トンネルのため、山岳トンネルより「出水事故」のリスクは高くなります。

 

青函トンネルの着工にあたって、出水事故に関して念入りに討論が行われました。
早期発見、早期治療を合言葉に着工された青函トンネル事業。

 

「先進ボーリング」を用い進められた掘削作業でしたが、まだまだ技術は開発途中でした。
出水に見舞われた際には、セメントミルクなどを亀裂に注入し、出水を止める技術も模索中でした。

 

そんな中で北海道側、青森側それぞれ2回ずつの異常出水の記録が残っています。

 

トンネルマン達の、勇気と努力で開通した青函トンネルに思いをはせながら自然のめぐみに感謝したいですね。


Sponsored Link