青函トンネル

Sponsored Link

青函トンネルの海底駅について

青函トンネル

青函トンネル内には2014年3月をもって廃駅となる海底駅が2つあります。

 

海峡線開業時に新設された、青森県側の竜飛海底駅と函館側の吉岡海底駅です。
現在は、一般公開をしていませんが、青函トンネルを利用した乗客が見学するために乗降できる見学用の駅として運営されていました。

 

吉岡海底駅は、JRの中で、最も低い位置にある駅でもありました。

 

両駅とも、2014年3月で廃駅となります。
そして、駅自体の規格も在来線規格であるため、今後の北海道新幹線の開業にむけて、取り壊しが行われる予定です。

 

もともと定点として計画されており、駅としての利用が想定されていなかったので、ホームはとても狭かったようです。
しかし、青函トンネルの坑道とつながっているため、非常時の避難所としての設備を想定してあり、約1000人座れるベンチや、簡易トイレなどの設備を持ち合わせています。

 

廃駅となったあとも、避難所としての設備はそのまま残され、今後もその役目を担っていくそうです。


Sponsored Link