青函トンネル

Sponsored Link

青函トンネル駅弁について

青函トンネル

青函トンネルが開通した記念に「青函トンネル駅弁当」が作られました。
北海道のみかど函館営業所で製造されています。

 

「青函トンネル弁当」と書かれた包装紙には、青函トンネルを出てきた美しい黄緑色のボディーをもつ「スーパー白鳥」と、青函トンネル周辺の地図が描かれています。

 

蓋をあけると、そこには青函トンネルをイメージした楕円形を半分にしたような仕切りが目に飛び込んできます。
そこには、駅弁ではなかなかお目にかかれないサワガニの乗った、2色のそぼろごはんがよそってあります。

 

津軽海峡周辺の海の幸をふんだんに使った幕の内弁当はボリューム満点です。

 

以前は、開通時に青函トンネルで活躍した、真っ赤なボディーの快速「海峡」と、津軽の海で楽しそうにはねているイルカの描かれた包装紙に包まれていましたが、「海峡」の引退とともに包装紙のデザインも変更されました。

 

1050円で函館駅にて販売されているので、青函トンネルを訪れた思い出に堪能してみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link