青函トンネル

Sponsored Link

青函トンネルの記念硬貨

青函トンネル

昭和63年、青函トンネルの開通を記念して「青函トンネル開通記念500円白銅貨幣」が発行されました。

 

表には青函トンネルと津軽海峡を表す波と5羽のかもめが描かれ、裏面には北海道と本州が青函トンネルでつながっている地図が描かれています。

 

また、青函トンネルの1か月後に開通した瀬戸大橋を記念し、「瀬戸大橋開通記念500円白銅貨幣」も発行されました。

 

こちらも同じようなデザインで表には岡山県側から見た瀬戸大橋全景、裏には本州と四国が瀬戸大橋でつながった地図が描かれています。

 

両方とも、裏面に描かれた地図は、リボンで一周囲まれており、まるで日本列島がつながったことを象徴している様です。

 

また、この頃の記念硬貨は、通常の500円硬貨より一回り大きく自販機などでは使用できません。

 

「青函トンネル開通記念500円白銅貨幣」「瀬戸大橋開通記念500円白銅貨幣」ともに、2000万枚発行されて、かなりの数が流通していましたが、現在、その価値は700円になりました。


Sponsored Link