青函トンネル

Sponsored Link

青函トンネル見学ポイント

青函トンネル

青函トンネル内の海底駅の見学を廃止されてからは、青函トンネル内で電車を見ることはできなくなりました。

 

そこで、第1湯の里トンネル出口から出てくる電車を見学してみるのはどうですか。
出口から出てくる地点から700mほどのところに知内観光協会が整備している「青函トンネル撮影ポイント」と案内されている場所があります。
駐車場や花壇も整備されており、青函トンネルからやってきた電車をのんびり見学することが出来ます。

 

本来、青函トンネルは青森の浜名から湯の里をつなぐもので、青函トンネル出口は別にあります。
しかし、スノーシェルターで覆われているため、青森県から青函トンネルを抜けた電車を最初に見ることができるのは第1湯の里トンネル出口になるのです。
ここでは、青函トンネルの起工式も行われました。

 

青函トンネルには50本もの電車が往復していますが、夜間に通行している電車も多いです。
知内観光協会が設けた撮影台には時刻表も設置してありますが、見学に出かける際は、電車の通過時刻をしっかり調べてくことをお勧めしたす。


Sponsored Link